So-net無料ブログ作成

スカイラインとWISHにLEDフォグランプ球取り付け

先に紹介したオルターネーターを診断してもらった電装屋さんですが以前にも書きましたが僕の中学時代の先輩が勤めているのでわがまま?勝手にリフトなど借りていますが、その電装屋さんのもう一人の従業員がトヨタのWISHを購入し僕が自作した日亜科学の雷神使用したポジションとナンバー球を先日取り付けたのですがその際LEDのフォグランプ球の話をした所、それもお願い[ひらめき]となり一緒に居た先輩のV36スカイラインにもとなり今日2台分のLEDフォグランプキットを届けに行って来ました。
たまたまそれに合わせたかのようにオルターネーターの修理が重なったと言う訳です。



v36-1.jpg
これはV36・4ドアスカイラインのフォグランプに使うHB4タイプのLEDセットです。



v36-2.jpg
このスカイラインは僕のもそうですがフェンダーの裏側からは作業できずエンジンルームからエアークリーナーボックスをそっくり外して球交換なので少し厄介なんです[ふらふら]



v36-3.jpg
エアークリーナーボックスが無くなり少し空間が出来た所でフォグ球を外します。



v36-4.jpg
赤丸で囲んだ部分には既にLED球が取り付いてますがこのセットはHIDで言う電圧を制御するバラスト部と球部のバーナーのようにLED球と一体の放熱部、ここには小さな電動ファンが付いてます。
スカイラインの方はこの組み戻し&点灯している画像がありませんが特に問題無く作業完了しました。


v36-12.jpg
オマケ作業でヘッドライト下にテープLEDをスモール連動で貼り付けて来ました[手(チョキ)]



v36-13.jpg
テープLEDが黒ベースなので近くで見ると隙間に差し込みましたが付いているのがバレてしまいます(^^ゞ



v36-5.jpg
続いてWISHですがこちらはいつものようにフェンダー裏側のフェンダーライナーを固定しているビス(下側4本)を外してめくるとこんな具合に手が入るのでここから寝っ転がりながら作業です。



v36-14.jpg
フロント側から[目]



v36-6.jpg
ハロゲン球を外した所。


v36-8.jpg
WISHはスカイラインとは違うH11球です。



v36-7.jpg
先に運転席側だけ交換して点灯確認[ひらめき]
運転席側に寄って写したので当たり前ですがやはり発色、光力共ノーマルハロゲンを上回っています[手(チョキ)]



v36-9.jpg
今日の作業には関係ありませんがたまたま来週辺り?から始まる選挙に使われる候補カーもこの電装屋さんでは頼まれて毎回数台引き受けていますが工場に止まっていたので普段見る事の無い放送用アンプなどをご紹介します。



v36-10.jpg
標準で搭載されているバッテリーからケーブルを延長接続して荷台にこのように1台120Wのパワーアンプを2台、フロント向きスピーカー2本とリヤ向きスピーカー2本にそれぞれ接続してます。
また車載バッテリーだけでは到底持たないのでこのように10tトラックに使う130Aのバッテリー2台も並列接続で使用するそうです。
これは市議会議員選挙、都議会議員選挙など選挙の規模?でアンプの出力の大小しているそうです[手(チョキ)]



v36-11.jpg
こちらは車内からケーブルで繋げ使ったりワイヤレスで車外から演説も出来るようマイク切り替え機のようです。
少し脱線しましたがこの後先に総会したトラクターのオルターネーター作業して帰宅しました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

マッセイ・ファーガソン・トラクターのレストアのお手伝い

昨年の記事でホンダフィットのハブベアリングを交換した友人は農家では無く僕と同じバスの運転士ですが趣味の範囲を超え?庭と言うよりはやはり仕事と言ってもいい位の畑を所有しているのですがそこで使うトラクターは既に所有しているのに僕が車にこだわるのと同じようにトラクターや農耕器具が好きなのか外国製の古くから有名なマッセイ・ファーガソンと言うメーカーのトラクターを探していたようですが、先日ついに実現し一週間程前に納車?されたのですが当人曰く1957年製との事で(僕は1959製?)僕よりもくたびれたトラクターでした[ふらふら]
当然それなりには整備しながら使われていたのでしょうがつい先日迄所有していた人の所では数年雨ざらしだったのかエンジンは掛かるものの発電してないとの事で今日、良く遊びに行く電装屋さんで見てもらって来たのでご紹介します。



or-1.jpg
まずはこの赤いトラクター、興味の無い人からしたら解体屋さん?って感じですがマニアにとってはヨダレ物のようです(^^ゞ
このトラクターの発電機ですが昭和初期から30年代生まれで車好きの方ならご存知かもしれませんが元々は黒い茶筒のようなダイナモと呼ばれる発電機がオリジナルのトラクターですが前?前々オーナー様が末永く使用するつもりか部品供給を考えてか新しいタイプのオルターネーターに改造してあるようでした。



or-2.jpg
この見慣れないメーターが付いた機械はオルターネーター(発電機)とセルモーターをテストするテスターです。
近年車の性能が良くなり電気周りに限らず余り壊れる事が少なくなった為、この電装屋さんでも暫く動かしていなかったそうでこの機械もトラクター並みにくたびれてます(^^ゞ



or-3.jpg
早速預かってきたオルターネーターをベンチにセット。



or-5.jpg
テスター中央から見たオルターネーター裏側。



or-4.jpg
ベルトを張り準備完了[手(パー)]



or-6.jpg
エンジンに取り付いていた時と同じようにバッテリーからのB線とカプラーもつなげてスイッチON、、、、、、。
やはり全く発電していませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
恐らくブラシ部分だろうと言う事でばらして見る事に。


or-7.jpg
見るからにビスがサビ付いて中々思うように弛みません[ふらふら]



or-8.jpg
画像の中に説明入れましたがご覧の有り様でした[バッド(下向き矢印)]



or-9.jpg
こちらはブラシと接してるスリップリング?だったかな確かそんな名前だったはずですがモーターで言うコンミテーターです。
軸の内側はブラシと接して光ってますが外側はカーボンの汚れだかで真っ黒くなったままブラシと接していない状態でした。


or-10.jpg
そんなで持ち込んだオルターネーターを直すよりはと使いそうも無いリビルト済みのオルターネーターを頂ける事になり一応問題ないかをテストする事に。



or-11.jpg
右側のメーターが実際に発電している電流を表示していまして画像では30A辺りですが40A発電する事を確認してきました[手(チョキ)]



or-12.jpg
新旧オルターネーターを並べてみます。
間違い探しで使えそうですが良く見るとプーリーの内側に付いている冷却ファン、これが回転方向が逆の為にファンの切りかき部が反対だったのでこのファンとプーリーは組み替えて作業完了しました[ぴかぴか(新しい)]



or-13.jpg
ちなみに今日の作業とは関係ありませんがお邪魔した電装屋さんのはこんなテスターも[exclamation&question]
これはエアコンのコンプレッサーを診断するテスターです。
これも最近の車は壊れる事が少ないし、壊れてもリビルト品を付け替えて対処しちゃうそうで出番がなくなってるそうです[ふらふら]
そんなで後日、オーナーさんにオルターネーターを返却して任務完了しました[手(パー)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。