So-net無料ブログ作成
検索選択

レヴォーグにLEDフォグ&ルームランプ取り付け

6月にminiスピーカーを取り付けしてからかれこれ4ヶ月、その間にも色々車いじりはしていましたがブログは手付かずでした[ふらふら]

今回は会社の同僚がスバルのレヴォーグを購入しルームランプ、ナンバー灯、フォグランプをLED化して欲しいと依頼されたのでご紹介します。
けどいつもの一人での作業、どうも肝心な所の画像はありませんが(^^ゞ


re-1.jpg
こちらは車内中央にあるルームランプです、片方だけレンズを外してありますが用意して来たLEDパラダイスさんのオリジナルキット SAMSUNG 5630を使用したT10×31 3LEDを取り付けます。


re-2.jpg
なぜなのかレンズ裏側にグレーの遮光板が?中央部だけ光が通るように小さな四角の小窓のようになっていました。


re-3.jpg
表側から見た所。
DIYでライトの殻割りやレンズを加工している一部の人は所有している超音波カッターでもあればこの邪魔物をくり貫いてあげたい所ですが、、、、、。


re-4.jpg
早速点灯確認[ひらめき]



re-5.jpg
両側レンズを取り付け、小さな小窓の割には十分な光量です[手(チョキ)]


re-6.jpg
続いてフロントのマップランプ、こちらはレンズを外している作業中の画像がありません(^^ゞ
使用したのは同じくLEDパラダイスさんオリジナルSAMSUNG 5630 6LED自作キットです。
これは以前、作製工程をご紹介して物です。


re-7.jpg
ピカーッ[ひらめき] 今はカーナビがあるので中々車内で地図を見る機会がなくなりましたが当時?こんな明るいルームランプ&マップランプがあったら、、、、、[わーい(嬉しい顔)]
ラゲッジルーム&ナンバー灯の作業風景は無しです(^^ゞ


re-8.jpg
続いてフォグランプですがこのレヴォーグも見た所フェンダー内のライナーをめくればOKと思い作業開始ですがまずは黄色丸の部分にある黒い樹脂のクリップ、真ん中の小さな丸いポッチの部分を中に押し込みますとクリップが引き抜けます。
この他外さなくても作業は出来そうですがバンパー下側のリップ裏側に下から上に向かいやはり黒い樹脂のクリップが3つありますがこちらはクリップ外しかマイナスドライバーで内側と言うのか良く見ると一段低くなっている部分を外側にこじるように引っ張るとクリップが抜けるようになっています。
この下側のクリップを外した方が後々バンパーが余裕で外側に開きます。


re-9.jpg
上の説明まで外せたら画像のようにバンパーとフェンダーの合わせめ当たりを手前に引っ張ればこんな感じに中が覗ける程度開きます。
自分はこの開いた隙間から両手を入れて作業できましたよ[手(チョキ)]


re-10.jpg
既にLEDバルブが付いてますがこの画像も先程の隙間からデジカメを差し入れて余裕で撮影してます。
この後、HIDで言う所のバラスト&配線を元々の車両ハーネスにタイラップにて固定(LEDキットは軽量です)しバンパーを元通りして完成です。
ちなみに黄色線の左側はフォグランプ本体、赤く囲んだ部分が取り付けたLED球ですが突き出た部分は放熱用のフィン&小さな電動ファンが付いています。
左右交換して僕は15~20分でした[ひらめき]


re-11.jpg
ノーマルハロゲンとの比べている画像はありませんがこのように昼間でも直視出来ない程の光量です。



re-12.jpg
少し離れて両側点灯。
翌日、オーナー様より バッチグー[手(チョキ)]ですと報告ありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。