So-net無料ブログ作成

スカイライン研き&コーティング

少し前になりますが愛車スカイラインのボディーをトラップネンドを使って鉄粉取りをしましたが今日はボディー全体をコンパウンドとポリッシャーを使って磨いた後、日産ディーラーで施工しているPIT WORK製のコーティングを掛けてみました。



mi-3.jpg
今日の為にヤフオクで購入したポリッシャーです、数回しか使用していない程度のいい状態の物です。



mi-1.jpg
こちらもネットで購入したスポンジバフ4種類です。



mi-2.jpg
こちらも同じくネットで購入したコンパウンド4種類です。
1リットル容器で購入しても半分も使用しないので小分けにして販売されていた物ですが中身はプロの板金塗装屋さんで恐らく一番使用されていると思われる3M製です。
上のスポンジバフとこのコンパウンドで細かい洗車傷を取って行きます[わーい(嬉しい顔)]



mi-4.jpg
いくら傷を取ると言ってもまずは洗車してボディーに付着している花粉、砂などを落とします。



mi-5.jpg
ポリッシャーを使うと思わぬ部分を磨いてしまうのでメッキ、樹脂製レンズなどはマスキングしておきます。



mi-6.jpg
スポンジバフに少量コンパウンドを付けたらボディーを研いて行きますが一度に広範囲にならないよう4~50センチ四方程度で移動して行きます。
この辺はプロの方とはやり方が違うかもですが(^^ゞ
画像にはありませんがカット・1-Lと少し荒めのスポンジバフで最初研き、次にハード・1-Lと中位の硬さのスポンジバフで研きました。
なのでバフ&コンパウンド共に4種類購入しましたが使ったのは2種類のみで(^^ゞ



mi-7.jpg
ボディー全体を研いた後、こちらもネットで購入しておいたPIT WORK製 3yearsボディーコーティング材を塗布します。
これはディーラーで施工する製品らしく取り説、使用方法が書かれた物はどは付属していませんがネットで検索すると綺麗にしたボディーに専用スポンジなどで塗り広げるとありました。
また画像に写ってますが主剤と硬化剤とを混ぜた後4時間以内に使用終了すると出ていました。
自分は5センチ四方位のスポンジに数滴しみ込ませ塗り広げましたが以外に伸びが良く一度にボンネット1/4位の面積には塗れた気がします。




mi-8.jpg
塗って4~5分もするとこのように白く粉のような感じに乾燥し始めます。



mi-9.jpg



mi10.jpg
全体完了[手(チョキ)]
この後30分程乾燥させ、おまけで付いてきたマイクロファイバークロスで拭き取りましたが想像していたより数段拭き取りが楽で細かい部分も丁寧に拭き取りましたが1時間程度で終了しました[ひらめき]
画像にはありませんがボディー全体に塗っても余ったのでホイルにも塗布しておきました[ぴかぴか(新しい)]
この先梅雨になるのが何気に待ち遠しいです[手(チョキ)]







nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。