So-net無料ブログ作成

ダイハツ・ウェイク ルームランプ&ナンバー灯製作、取り付け

今回も同僚に頼まれダイハツ・ウェイクのナンバー灯とルームランプを作って取り付けたのでご紹介します。



ue-1.jpg
この所ルームランプというとLEDパラダイスさんオリジナルのサムスン5630使用2cm×4cmの基盤ユニットを使用してますが、今回も運転席頭上のマップ&ルームランプはそれを利用しますがリヤルームランプとテールゲートに付いているラゲッジランプはT10球が横向きに付いていてしかも巾が狭いので基盤が収まらないかと思い日亜科学の雷神を3発使用して自作して見ました。
まずは雷神を3発直列に半田付け。



ue-2.jpg
表から見るとこんな具合。



ue-3.jpg
真ん中に見える黒い小さな部品、ブリッジダイオードという物ですがこれは本来交流電流を直流電流にする物で(それ以外の用途もあるでしょうが)今回のようにT10球のソケットの極性がどちらであっても必ず点灯するように利用しました。
車両でどちらが+、-を検電器で調べてから作ればこのパーツは必要ないのですが(^^ゞ
左側からどちらが+、-でも構わないので12Vを入力すると右側上に-、下側に+となって出力されるのです[手(チョキ)]



ue-4.jpg
ブリッジダイオードと抵抗を付けた所。



ue-5.jpg
抵抗の足とLEDの端子がショートしないようスミチューブをいれておきます。
スミチューブはライターなどの熱を加えると収縮し配線など半田付けした部分の保護などにも利用できる物です。



ue-6.jpg
ブリッジダイオードの入力側端子にスズメッキ線を半田付けし上に見えるT10ソケットに通し折り返し、余分な線をニッパーでカットすれば[決定]です。



ue-7.jpg
テスト点灯、右側が+[ひらめき]



ue-8.jpg
左側に+[ひらめき]どちらでも[ひらめき]しました[わーい(嬉しい顔)]



ue-9.jpg
ソケットに対して雷神が3発スズメッキ線だけでの固定が不安だったのでエポキシ樹脂系接着剤をT10ソケットの内側にタップリ充填し固定しておきました。



ue-10.jpg
しようした接着剤です。



ue-11.jpg
続いて取り付けですがこちらはナンバー灯。
矢印の+ビス一本外せばレンズは外れます。



ue-12.jpg
はずした所。



ue-13.jpg
お得意の雷神1発を取り付けた所。



ue-14.jpg
レンズを付けて完成。



ue-15.jpg
次はルーム&マップランプです。
これはノーマル。



ue-16.jpg
レンズを外しLEDパラダイスオリジナル、サムスン5630のユニットを極性を確かめぶるさげた所です。



ue-17.jpg
レンズを付けて真ん中のルームランプだけ点灯[ひらめき]



ue-18.jpg
左右のマップランプもプラスして全快[手(チョキ)]眩しい(^^ゞ



ue-19.jpg
次に最初に紹介した雷神3発のT10をこの細長いリヤルームランプに取り付けます。
取り外しは右側すみにある微妙な隙間に-ドライバーなどでこじれば簡単に外れます。



ue-20.jpg
極性を確認する事なくソケットを刺し込みライトを元に戻します。
ブリッジダーオードを使用せずもし反対に半田付けしたらこの状態でレンズとは真逆、鉄板側を照らしてしまうのです[ふらふら]



ue-21.jpg
昼間ですがこんな具合に点灯しました[るんるん]
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。