So-net無料ブログ作成

スカイラインに車高調取り付け&バネレート変更

先日の休みを利用して愛車スカイラインのサス、Ti2000のスプリングのみ交換仕様からブリッツ製の車高調整式サスに組み替えたのですがどうも自分にはバネレートが合わない感じだったので変更して見ました。


sa-1.jpg
まず先日取り替えたフロントショック。



sa-2.jpg
右側が取り外したバネレート10kg、左側が新たに購入した同じID62・200mmで14kgのバネ。


sa-3.jpg
組み替えるついでにアッパーサポートとロアシートとの間にテフロンシートを入れ極力スムーズになるように[手(チョキ)]


sa-4.jpg
組み替えて適当にスプリングシートとロックナットを調整、アブソーバー下のシェルケースの全長もレートアップ分短く設定しますが何分データーが無いので再調整する覚悟でセットします。


sa-5.jpg


sa-6.jpg
組み付けた所。



sa-7.jpg
続いてフロントから外した10kgをスプリングを直巻きアダプターにセットして組み込みます。
リヤはノーマル形状の10kgがセットされていましたが単なる拘り?直巻きバネを使用して見たかったので組み替えてみました[わーい(嬉しい顔)]
こちらも一度リフトを下ろして見ないとどの程度の車高かわからないので適当に組み込みます(^^ゞ


sa-8.jpg
少し離れて[目]


sa-9.jpg
リヤショックです。

で、この後リフトから一度降ろした所フロントは5mm、リヤは10mm目標より高かったので再度リフトアップしアジャスターをグルグル調整した所で体力の限界[ちっ(怒った顔)]
フロントはほぼOKでしたがリヤは後5mm位落としたい感じでしたが熱中症にでもなりそうだったので後日作業にしておきました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。